元ニートの僕がアプリ開発エンジニアになって良かったなーと思うこと

フリーランス

 

僕は、アプリ開発エンジニアになって「楽しい!」とか「嬉しい!」と思ったことは一度たりともなくて、どちらかと言えばプログラムを書くのは嫌いだし、システム開発に面白みもまったく感じていなかったりする。

そんなエンジニアとしてのモチベーションが低すぎるポンコツな僕でも、「アプリ開発エンジニアになって良かったなぁ」と思うところは多少なりともあるので、今回はそのことについてツラツラと書いてみようかなと思う。

これからIT業界に就職・転職しようか悩んでる人、何となくエンジニアという仕事に興味があるって人にとって多少の参考になれば嬉しく思う。あんまり参考になるとは思えないけど・・・。

スポンサーリンク

よかったなーと思うこと

アイデアをサクッと形にできる

 

普段からアプリを作る仕事をしているため、何か良いアイデアを閃くことがあれば、仕事で培ったスキルを生かして自分用にアプリをサクッと作りあげることができるのが良かったなーと思っている。

僕自身、ちょっと良い感じのアイデアを閃いたらチャチャッとアプリにしてApp Storeに公開している。もちろんどんなアプリでも公開できるわけじゃないのだけど、別に公開しなくても自分用として使っていくことはできるので別に問題ないしね。

 

会社から独立できる

 

ある程度の開発スキルがついてくると、会社に属さなくても自分の腕ひとつで働くことができるようになるのが良いところだと思っている。

僕の場合、2年ちょうどで必要なスキルを身につけて、勤めていた会社をあっさりやめて、現在ではフリーランスのエンジニアとしてわりと気楽に働いている。会社員をやめて良かった点はいろいろあるけれど、特にという意味では、無能な上司に管理されずに済むこと会社のくだらない集まりへの参加を強制されずに済むことなど、面倒なことを排除できて良かったなぁとしみじみ感じている。

 

まあまあ儲かる

 

現在社会においてスマートフォンは欠かせないデバイスであり、その中で動くアプリを作るエンジニアの需要もそれなりにあって、まあまあ稼げるのが良いなーと思っている。もちろんエンジニアとしてのスキルの高低によって稼げる金額の違いは大きくあるけれど。

フリーランスになれば会社に取られていた分の利益も自分の手元に入るため、会社員時代よりは多少稼げるようになるし、会社員としてでもエンジニアとして活躍する場さえあれば、きちんと稼いでいける。なんたって旬な専門知識を持っているわけだし。

 

自分の仕事を他人に見せやすい

 

僕個人は、自分で作ったアプリを人に見せることはあまりないんだけど、「どんな仕事をしているの?」と聞かれれば、「こういうのを作ってるよ」とサッと成果物を見せることができるのは良いなーと思っている。

特に、アプリ開発の仕事を新たに探す時なんかには、相手にアプリを見せれば「こんなことができるよ」というアピールも簡単にできて、いちいち口頭で説明する手間を省くこともできる。これ超ラク。

 

副業になる

 

仕事の中で得た開発スキルを活用して個人アプリを作り、バナー広告なんかを取りつけて公開すると広告収入を得ることができる。これはマジで良い。

1度開発して公開しておけば、放っときっぱなしで毎月コンスタントに収入が入ってくるようになる。いわゆる不労所得というやつだ。たまーにメンテナンスが必要になることもあるけど。

 

ついでに心配ごとなど

良いことばかり取り上げてもつまらないので、不安とか心配事とかも書いてみよう。

いつまで今の分野で稼げるか不安

開発言語自体は無くならないにしても、開発分野がなくなることはあり得る。例えば、世の中からガラケーが姿を消したことでガラケー向けの開発案件が激減したように、スマホに代わるデバイスが出れば徐々にアプリ開発の需要もなくなるはずだ。その時が到来した時、どうするのかは事前に考えておかないとマズイと思う。まあ、そんなに長く開発を続けるつもりはないんだけど。

いつまでついていけるか不安

新技術は日々出てきているけど、その流れについていくのが大変だと思う時がいつか来るのかなと思っている。正直、開発自体にはあまり興味がないので、結構早い段階でついて行けなくなるんじゃないかなとは思っているんだけどね。

 

 

 

ということで、アプリ開発エンジニアになってよかったなと思うことを書いてきたわけだけど、改めて自分の考えを見直して見て、やっぱりエンジニアとしてはポンコツだなと深く再認識させられた。まあ、実際楽しくないんだからしょうがないよね。他にやりたいことも特にないし・・・。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました