死にたいくらい会社が嫌?消耗するくらいならサクッと辞めた方が良いよ【経験談】

人生・仕事

 

会社勤めというのは、場合によってはわりとハードだったりする。

例えば、こんな場合。

 

  • 上司や先輩に恵まれない
  • 人間関係が壊滅的に悪い
  • 労働時間があまりにも長すぎる
  • 生きていくのも困難なくらい給料が低過ぎる
  • 今の職場でしか使えないスキルだけ身につく(=転職もままならない)
  • 自称「神」であらせられる頭の弱いお客さんが多くてつらい

 

こういう環境下で社会人生活を送っていたら、人によっては死にたくもなるだろう。

私自身、上記のいくつかは体験済みで「生きてるのが辛い」と感じた時期があった。

 

今回は、昔の苦しんでいた自分自身に語りかけるつもりで、これまでの人生経験をもとに少しアドバイスを書いてみようと思う。

 

嫌なら無理せず辞めよう

 

死にたくなるほど嫌なことなど、躊躇することなくサクッと辞めた方が良い。

相当な理由があるならともかく、たかが多少のお金を稼ぐために死にたくなるほど苦しむのは絶対に良くない。

 

なお、理由は以下のとおり。

  • 無理を続けると、いずれ心身を病む
  • 心身を病むと、立ち直るのに沢山の時間とお金を要する
  • 辛い思いをして稼いだお金までセルフケアに充てることになり得る
  • そんなの無駄過ぎる

 

ようは、無理して頑張り続けたところで、結局大損しかねないってこと。

 

そんなわけで、死ぬほど嫌なら会社をサクッと辞めた方が良い。

そして、辞めるなら心身を病む前であることが大事だ。

 

心身を病んでしまって活動する気力をなくしてからじゃ遅すぎる。

時間とお金をロスすることは、限りある人生を無駄にしているのと変わりがない。

そんなことは、可能な限り回避していった方が良い。

 

楽しく生きるためにこそ時間とエネルギーを使おうよ

 

会社に行くのが死にたくなるくらい嫌なら、楽しく生きるためにこそ時間とエネルギーを費やした方が良い

決して、つらい仕事を続けるためなんかに費やしたらいけない。

無理して働いても大して良いことはない。むしろ、上でも書いたが心身を壊して損する可能性さえある。そんなのはあまりにも馬鹿げている。

 

会社を辞めるには、多少の勇気が必要かもしれない。

「生きていくのにお金が必要」とか「職歴に傷が付く」とか心配事があると思う。

そのへんについては、お金なんか今働いている会社を辞めても余裕で稼げるし、職歴なんか会社に属さずに自分で稼げるようになればなくても良いものだったりするので、あまり気にしなくて良い。

それに、心配事が尽きないという状態でも、死にたいくらい嫌ならサクッと辞めちゃった方が無理をし続けて参っちゃうよりは遥かにマシだ。

心身がやられるのが一番マズイから。

 

人生はたった1回きりだ。

限りある人生、アホみたいに苦しみ続けるより、是非とも楽しむことに集中した方が良い。

無理を続けていてもジリ貧なので、あまり無理しないで、心配もそこそこにして、前向きに生きてみよう。

 

効率的にお金を稼ぐと人生が楽になる

わかりきったことだけど、効率的にお金を稼いでおくと人生は多少なりとも楽になる。

 

例えば、生きていくのに月30万円の収入が必要ならば

  • 時給1000円を稼げる人は、300時間の労働が必要。
  • 時給5000円を稼げる人は、60時間の労働が必要。
  • 一切働かずに月30万円を稼げる人は、好きなことをやっていれば良い

 

このとおり、効率的に稼ぐってことは、

  • 労働を減らすことができる
  • 人生を楽しむ余裕ができる
  • お金のストレスから多少なりとも解放される

という感じで、明らかに人生を多少なりとも楽にしてくれる。

 

そんなわけで、死ぬほど会社に行くのがつらい人はサクッと今の会社を辞めて、効率的に稼ぐことを目指して行けば良い。

ちなみに、効率よく稼ぐうえで心がけることは2つ。

  • 労働をするなら高い報酬を得る
  • なるべく働かずに収入を得る(寝てる間、遊んでいる間も稼ぐ)

 

詳細は下記でも書いているので割愛する。

やはり若い頃からお金を効率よく稼ぐべき4つの理由【若いからこそ稼ぐべき!】
お金は、できるだけ効率よく稼いだ方が良い。 それも若いうちから。 理由はいろいろあるが、とりあえず4つほど挙げてみたので紹介してみようと思う。 若いうちから効率よく稼いだ方が良い理由 1. 労働を...

 

私自身も会社を辞めて人生を変えた1人

私も会社に行くのが死にたくなるくらい嫌で辞めた人だったりする。

会社を辞めて今に至るまでの流れはこんな感じ。

  • 社会人2年目で上司に辞意を伝えるも、『石の上にも3年』論法に絆され退職を取り下げ
  • 結局、4年近く働いて更に消耗したことで限界を感じて今度こそ本当に退職
  • その後、2年間ニート・ヒモをやる
  • 再び就職してきっちり2年間だけ会社員として働いてプログラミングスキルを習得
  • 得たスキルで個人アプリを作ったりして、働かずに稼げる収入源を持つ
  • フリーランスのプログラマーとして独立

 

私の場合、この流れの中で結婚して子供も2人もうけて、現時点では順風満帆にやっている。

収入も年1000万円くらい稼げるようになって、年間400万円くらいは貯金できるようになり、紆余曲折を経たものの人生を多少なりとも良くすることができた。

ということで、そんな人生経験から、会社が死ぬほど嫌なら病む前にサクッと辞めて、人生をよくする事に集中することをオススメしていたりする。

 

ちなみに、当時勤めていた会社を辞めていなかったら、今も年収300万円で働きながら、つまらない上司や先輩からありがたい教えを賜りながら、虚ろな目で「死にたい」と言いながら人生を送っていたと思う。

場合によっては、本当に人生に見切りをつけて自殺していたかもしれない。それくらい嫌で堪らなかった。

そう考えると「転職活動なんかしたくないな。嫌だな。」と思い悩みつつも、会社をサクッと辞めてよかったと心から思っている。

なんなら、社会人2年目で辞めてしまわなかった事を今更ながら後悔しているくらいだ。

貯金だけでみても800万円くらいの差が生じていたはずだし。実にもったいないことをした・・・。

 

まとめ

  • 死にたいほど嫌な仕事は、心身病んで人生を台無しにする前にサクッと辞めるべき。
  • 人生1回きりなので無理はやめて、可能な限り人生を楽しむようにしよう。
  • 効率的に稼ぐことで少なからず人生を楽にしていこう。
  • 人生を悪くするのも良くできるのも自分自身。前向きにいこう。

 

※なお、退職は自己責任で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました