人生を浪費しないために見直した方が良いこと7つ

人生・仕事
スポンサーリンク
  • 人生から無駄をなくしたい
  • 人生をより良いものにしたい
  • 死に際の後悔を少しでも軽くしたい

こういう人向けに書いている。

 

人は無自覚に1度きりの人生を浪費しがち。参考までに、どんなところで浪費しがちなのかを7つ挙げてみた。自分に当てはまらないか確認して、改善の余地がありそうなら適宜対応してみると良いかと。

 

 

睡眠時間

無駄に睡眠を取りすぎていないだろうか?

睡眠は生きるうえで欠かせない。しかし、必要以上の睡眠を取るということは活動可能な時間を捨てることと同じだからやめた方が良い。

 

  • 1日8時間寝る → 人生の1/3が睡眠(80年の人生なら約27年分)
  • 1日12時間寝る → 人生の半分が睡眠(80年の人生なら40年分)

 

この例だと、人生に13年分の時間差が発生する。人生をなるべく活動的に楽しみたいと考えているならば、睡眠は不必要に取るべきでないことがわかるだろう。

 

労働時間

人生を労働に費やし過ぎていないだろうか?

多くの人にとって労働は避けられないが、削減する努力をした方が良い。

 

例えば、9時間の労働を40年続ける場合、丸10年分以上を労働に費やす計算になる。
9時間労働×(365日-年間休日120日)×40年
=88,200時間
=3675日(10年+25日)

 

労働に費やす時間が完全に無駄とは言わない。しかし、人生をなるべく自由に楽しむには少なくするに越したことはない。ちなみに、労働時間による人生の浪費を避けるには以下を心掛けると良い。

 

  • 高報酬の仕事をする
  • 自動的に収入が発生し続ける仕組みを持つ(不労収入源)
  • 時間の無駄と感じない仕事をする

 

なお、効率の良い仕事の1つにプログラマというのがある。労働単価が高めで、スキルを活用することで不労収入源の構築も可能になる。

「楽に稼ぎたい」って人はプログラマーやってみたら?マジで楽勝だよ
特にやりたい仕事がない人 ガチで収入が低くて人生が生きにくい人 わりと気楽に働きたい人 こういった人は、プログラマーをやってみたら良いんじゃないだろうか。 理由は単純で、わりと仕事が簡単で楽なのに...

 

仕事

仕事をする理由を「お金を稼ぐため」と限定していないだろうか?

もしそうなら、それは実にもったいない働き方だ。貴重な人生の時間を仕事に費やすからにはなるべく多くのリターンを得ることを考えた方が良い。

例えば、『働かなくてもお金が稼げる』という状況を作るのに有利なスキルを得るなどだ。お金を貰いながら独立の準備ができるのは結構お得じゃないだろうか。

 

人間関係

人間関係に苦しんだり、無駄なコストをかけすぎていないだろうか?

人生を豊かにしてくれる人間関係以外は積極的に排除した方がいい。なぜなら、無駄に損するだけだから。これは親族であっても例外ではない。

 

  • どうでもいい人間関係のために悩み苦しむ
  • 人付き合いによるストレスで無駄に散財する
  • お祝いやお見舞いとして出したくもないお金を出す

 

これらは人生において無駄だ。すぐに排除したほうが良い。人間関係は定期的に見直し、自分の人生を豊かにするどころか苦労や悩み、損になる関係は断捨離するのが望ましい。

僕自身1人も友達がいないが、そのおかげで無駄に時間やお金を取られないので妻子との時間を多く取れるし、副業にも時間を費やすことができている。わりと快適である。

 

生活コスト

必要以上に生活コストをかけすぎて、無駄に労働を要する人生にしていないか?

生活にかけているコストは少なくなるよう見直した方が良い。浪費する分だけ収入が必要になると、それは多くの人にとって労働と直結するはず。

  • 月30万円を使う人は、会社員並みの労働が必要になる。
  • 月5万円を使う人は、多少のアルバイトで事足りる。

 

コストが低い人ほど時間を自由に使いやすくなるということ。時間は人生における限られたリソースなので、その多くを楽しいことのために自由に使えることは良いことだ。

ちなみに、世の中には月2万円程度の小コストで生きて人生をゆったり楽しんでいる人達がいる。参考にしてみてはどうだろうか。

【羨ましい】働き過ぎずのんびり生きるヒント(共生舎・山奥ニート)
1日8時間、週5日も働きたくない というか、あんまり働きたくない のんびり気楽に生きていたい どうしたらそんな生き方ができるだろう? こういうことを考えている人向けに書いています。 ...

 

趣味

その趣味は、1度きりの貴重な人生(=時間)を費やす価値があるのか?

人生は死ぬまでの暇つぶしなので何をしても良いとは思う。だが、死に際になって「あんなことに時間を費やすんじゃなかったな」と思いそうなことはやらない方が良い。人生は一度きりしかない貴重な時間なので、時間をかけるに値する趣味にしておくのがベター。

ちなみに、お金をかけないとできない趣味より、お金をかけずにできる趣味にしておくと無駄に稼ぐ必要がなくなるので比較的良いかと。

 

悪習慣

悪習慣により自分の首を絞めていたりしないだろうか?

例えば、他人を不快にする習慣なんかは早いうちに改善しておいた方がいい。具体的には、横柄な態度、陰口、愚痴、自分に甘く他人に厳しい等。理由としては、人生が生きにくくなったり損をする場合があるから。

例えば、飲食店などで横柄な態度を取る人はこんなリスクや損がある。

 

  • 店員に嫌われることでサービスの質が低下して機会損失する
  • 恥ずかしい人認定され人が離れていく
  • 見ていて気分が悪いので、頭のおかしな人にいきなり絡まれる

 

人生、どこで何が起こるか分からないので、可能な限り他人に不快感を与えることはしないのがベターだ。なお、陰口や愚痴はほぼ確実に本人に届くと思っておくくらいが丁度よい。愚痴っている相手が常に共感してくれるとは限らないので。

 

まとめ

人生を無駄に浪費しないために意識したいこと。

 

  1. 寝すぎるのは損
  2. 働きすぎるのは損
  3. 働くなら給料+αを得ないと損
  4. 不要な人間関係にコストを割くのは損
  5. 浪費のために働くのは損
  6. どうでもいい趣味に時間を費やすのは損
  7. 悪習慣によりわざわざ生きにくくするのは損

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました