【日本脱出】私が海外移住を目指す7つの理由 & なぜマレーシアなのか?

マレーシア移住

 

海外に移住したい!

 

 

今年2019年の初め頃、なんとなくそんな想いを抱くようになった。

これまでの33年間にわたる人生において、そんなことは一度も考えたことも思ったこともないのに。

そして、この5月にはサクッとマレーシアのペナンでの現地視察を済ませてきて、引き続き長期滞在ビザであるMM2Hの取得に向けて行動を起こしている。

もともと私は、ひきこもり体質で行動力がある方でもないのだが、珍しいことに結構な勢いで自ら精力的に動いているってことで私自身驚いていたりする。

実際、私は昔から「1人きりで海外に出かけるなんて絶対にない!無理!」と思っていたし。

 

そんなわけで、何故こんなにも海外移住を望むようになってゴリゴリと行動を起こせたのか気になったので、移住を望む理由をサクッと挙げて整理してみることにした。

今回は、その内容をシェアしてみようと思う。

 

また、ついでに移住先としてマレーシアに魅力を感じたポイントなんかもついでに紹介してみる。

 

 

私が海外移住をする7つの理由

思いつくままに理由を挙げてみた。

 

1. 無駄な出費を無くしたいから

私は、日本を出ていくことで可能な限り無駄な出費を減らしたいと考えている。

なお『無駄な出費』と考えているのは、主にこのあたり。

  • 国民年金
  • 国民健康保険
  • 住民税
  • 所得税

 

私は、数年前から個人事業主をやっており、それに伴い、自分の手で税金などを収めるようになったのだが、その金額がわりと大きくて毎度白目をむいている。

個人事業主なので節税のために確定拠出年金(iDeCo)に毎月68,000円の積み立てをしているけど、国民健康保険の納付額はそれ以上に高い・・・!

 

このお金を子供の教育や家族サービス、投資に回せたらどれほど良いだろうか・・・。

 

 

そんな風に思うようになったことで、海外に出ていくことで無駄な出費を避けていきたいという想いが強くなってきた。

また、年金に関してはもとから年金制度に期待をしていないし、年金の仕組みに信用を置いていないので、年金制度に頼らずに自分で老後資金の準備を進めたほうが良いと考えている。

 

2. 日本に資産を置いておきたくない

私個人としては正直、日本に資産を置いておきたくないと考えている。

というのも、あまりメリットを感じないから。

 

例えば、こんなことを考えてしまう。

  • ほぼ利息もなく銀行にお金を預けるのは実に勿体無い(機会損失感がハンパない)
  • 過去に前例のある『預金封鎖』で資産を失う可能性を100%否定できない

 

そんなわけで、日本に資産を置いておくより積極的に海外へ移していきたいという思いが強い。

もちろん、いろんな国に分散しつつ。

現時点では、iDeCoで拠出・運用している分だけを残していくつもりでいる。

 

3. 少子高齢化に伴う高負担を避けたい

今後、日本は人口減少と少子高齢化によって、より大変な社会になっていく。

実に嘆かわしいことだが、だからと言って当然のように負担を強いられるのは御免だ。

 

下記のことを考えれば考えるほど、負担に耐える気が失われていく。

  • 今の社会を作ってきたのはどの世代か
  • 政治がどの世代を優遇して行われているか
  • どの世代が最も裕福で、どの世代が最も貧しいか

 

正直、私は余裕のある人間ではないのでとても付き合っていられない

そして、自分の子供たちにもその負担を押し付ける気にもならない

 

というわけで、この社会の中で頑張って生きていける人々、逃げる気などないって人々が中心となって、この超少子高齢化の社会をどうにか回していって頂きたいと思っている。

陰ながら応援している。

 

4. 海外で子供を育てたい

私は、子供を海外で育てたいと考えている。

その理由については、言語教育のことも当然あるが、それ以上に子供が将来的に自分自身の進路を決める際に

  • どの国で暮らすか
  • どの国で活躍するか
  • どの国で稼ぐか

こういったことを自由に考えられるようにしたいから。

言い換えれば、日本に依存しないと生きていけない人間にはしたくないということ。

 

私自身、

海外で育てて貰いたかったなぁ

 

 

という思いが少なからずあるので、是非とも子供たちにその機会を提供していきたい。

ついでに、自分自身の成長にも繋げていきたいと考えている。

 

5. 日本で暮らす必要がない

実のところ、私には日本で暮らさなければならない決定的な理由がない。

仕事に関しては、ヘッポコではあるものの一応はプログラマーなので、その気になればPC1台あれば世界中のどこでも働けたりする

人間関係に関しては、断捨離をわりと積極的に進めた結果、友達は1人もいないし、兄弟や親戚とも関わりがなくて、たとえ親族が亡くなったとしても葬式にも出ないつもりでいる。

 

他にも、

  • 日本で利用したいサービスがあるわけでもない
  • オリンピックや万博にも一切関心がない(何が面白いのか理解できない)
  • そもそも一生を日本だけで暮らして終えるつもりもない

 

ってな感じで、日本で暮らしていく必要性を感じないのである。

 

6. 労働を減らしたい

私の場合、日本で暮らすなら年500万円もあれば十分すぎるほど幸せに暮らしていくことができる。

なお、物価の低い国に移住した場合には、もっと少ない金額で済む。

 

  • 物価が1/2の国に移住すると、250万円あれば幸せに暮らせる
  • 物価が1/3の国に移住すると、170万円あれば幸せに暮らせる
  • 物価が1/10の国に移住すると、50万円あれば幸せに暮らせる

 

というふうに、必要なお金を少なくしながら楽しく生きていくことができる。

 

私は、世界中どこにいても『日本から』お金を稼ぐことができる。

ぶっちゃけ、手を抜いていても年500万円くらいなら余裕で稼ぐことができる。

そんな私が例えば、物価が1/3程度の国に移住すれば170万円の収入で人生楽しめるので、330万円分もの労働を減らすことが可能になる。

というわけで、日本よりも物価の低い国で暮らすことを選択すると、労働をがっつり減らして収入を下げても余裕で暮らしていくことができる。

ちなみに私は、そうすることによって人生で余った多くの時間を家族と一緒に過ごすために使いたいと考えている。

 

一生は一度きりしかない。

夫婦ともに元気で健康に過ごせる時間、子供たちが小さくて可愛らしい時間は今しかない。

時間は本来とても貴重なものであり、不必要な労働などで奪われてはいけないと個人的には思っている。

 

7. 災害による被害を避けたい

今後、東京では首都直下型地震により大変な被害を受けることが予想されている。

2011年の3.11の時でさえ震源地から結構離れているにも関わらず、少なからず被害があったことを覚えているが、その地震よりも大変な被害となると是が非でも避けて通りたいというのが本音だ。

その地震で妻と子供が苦しむことになったら、または命を失ってしまったらと想像するだけでもゾッとする。悲しくなる。

 

いつか大きな災害が来るとわかっている。

ならば、避けておく以外の選択肢はない。

今、決断して行動を起こしておかないと、何かあった時に後悔することは必至だ。

 

 

海外移住をしたい理由をまとめると以下のとおり。

  • 日本での暮らしに不満や不安がある
  • 子供の将来のため
  • 家族との時間を大切にするため

 

なぜマレーシアなのか?

我が家の海外移住先としてマレーシアを選ぶにあたり、マレーシアについて調べていく過程で、あるいは現地を視察していくなかでとても魅力的に感じた部分を挙げてみる。

1. 銀行預金利息が年3%以上

マレーシアの定期預金利率は年3%以上ある。

ちなみに、グローバルプロパティ社がまとめている以下の情報によれば、HSBCでの5年定期預金なら今のところ3.9%にもなるんだとか。

News - マレーシアマイセカンドホーム(MM2H)ビザ申請代行【グローバルプロパティ】
マレーシアマイセカンドホーム(MM2H)ビザ申請代行ならグローバルプロパティ

 

また、マレーシアでは預金利息に対する税金がかからないときている。

日本なら、20%くらいは税金が取られるっていうのに・・・。

おいおい最高かよ。

 

2. 国外源泉の所得に税金がかからない

マレーシアでは、国外での稼ぎには税金がかからない。

つまり、マレーシア国内でゴリゴリ作業して日本からお金を稼ぐと、あんま損しないってこと。

これって何気にすんごいメリットだと思っている。

 

3. 住居環境が向上する

東京で暮らすよりも安い家賃で、東京で暮らすよりも広く豪華な家に住むことができる。

ジム・プールだってある。

駐車場だって付いてくる。

 

4. 生活コストが下がる

マレーシアの物価は日本と比べると1/3程度だと言われる。

実際はそんなに単純ではないのだが、それでも意識次第で生活コストを下げやすいことは確か。

 

5. ご飯が美味しい

中華、イスラム、インドなどの文化が混在しているため、多種多様な料理が食べられるし、その分だけ様々な味を楽しむことができる。

そして安いというメリットつき。

また、南国なので安くたくさんのフルーツを食べることができる。

 

6. 人種差別を受けない

海外移住先を考えた際に重視したことの1つが人種差別の有無。

この点においてマレーシアは多民族国家であることから人種差別の心配はあまりない。

実際された経験もない。

 

7. 治安が比較的良い

マレーシアの治安は、残念ながら日本より完全に劣っている。

ただ、その点を念頭に置いて可能な限り対策をしておけば、比較的安全に過ごせる国ではある。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました