夫婦2人の老後費用を計算した結果 ←5000万円でも足りない件

人生・仕事

 

ここ最近、世間的に「老後資金はどれくらい必要か?」みたいな話題がある。

2000万円、4000万円などいろんな見方があるが、個人的にはどれもあまり参考にならない数字かなと思っている。

というのも、その資金額では老後の備えとしては不十分となりそうな可能性があるから。なんというか、前提が甘い気がする。

仮に、その2000万円とか4000万円の額を参考にして老後に備えたとして、実際に年老いた時に「これじゃ全然足りない・・・(白目)」なんてなったらちょっと笑えない。

そんなわけで、老後資金を見積もる場合、もっとリスクを織り込んで計算をしておくべきだと考えている。

 

そんな考えのもと、私個人でもザックリ計算してみることにした。

 

老後に必要になるお金を計算してみた

ちなみに、前提条件は以下のとおりとする。

  • 夫婦2人で生きていくのに月25万円(=300万円)必要
  • 60歳で仕事を引退後、100歳まで(=40年)生きちゃう
  • 年金は貰えない

 

この場合、いくら必要になるかというと

300万円 × 40 = 1.2億円

 

ザックリすぎて大変恐縮だが、少しリスクを織り込みつつ見積もると1.2億円くらいになる。

大病や大怪我なんかしちゃったら、もうすこしかかるだろう。

 

60歳までにどれくらい老後資金を準備すべきか

どのくらい準備すべきかは、場合によって異なってくる。

貯金を切り崩して生きる想定なら

  • 日本で生きていく場合、1.2億円が必要。
  • 海外で生きていく場合、物価次第。1/2の物価なら6,000万円〜が必要。

 

ただし、60100歳までの40年分の費用しか考慮していないので、100歳以降も生きる場合には足りなくなる想定。つまり貯金の切り崩しによる生き方にもリスクがある。

ちなみに、大学卒業後の22歳から60歳までで地道に1.2億円を貯めようとすると、年315万円くらいを積み立てていく必要がある。退職金が2000万円貰える場合なら、年265万円くらいの積み立てが必要となる。

こういう積み立ては完全に無理だとは言わないが、人によっては積み立てのためにかなりの努力と我慢を強いられる人生になると思うので、結構辛いんじゃなかろうか。

お金を貯めていくにあたっては、地道にお金を積み立てていくのではなく、複利で資産運用しながらお金を増やすことで積み立ての年数を短縮するとか、積み立て額を少なくするとかした方が良いだろう。

 

運用益を得て生きる想定なら

運用益に税金がかかる日本での生活で、年間300万円を必要とする場合だと

  • 年利3%での運用をしていく場合、1.25億円の元本が必要。(12,500×0.03×0.8 = 300)
  • 年利5%で運用する前提なら、7,500万円の元本が必要。(7,500×0.05×0.8 = 300)

 

運用益に税金がかからない国での生活で、年間300万円を必要とする場合だと

  • 年利3%での運用をしていく場合、1億円の元本が必要。(10,000×0.03 = 300)
  • 年利5%で運用する前提なら、6,000万円の元本が必要。(6,000×0.05 = 300)

 

なお、安定的に運用益を得て生きていく想定の場合には元本が残るので、100歳を超えても老後資金の心配がない。そんなわけで、ただ貯金を切り崩して生きていくより安定的な運用益で生きていく方がお得。

 

老後に備えてお金を貯めるには

基本的にお金を貯めるためにやれることは、この2つしかない。

  • 収入を増やすこと
  • 支出を抑えること

それを踏まえてやれることは以下のこと。

給料収入を上げる

働いてお金を稼いでいる人は、その効率を最大限に高めるべきだ。

大事なのはこの2つ。

  • なるべく高い報酬を得られる仕事をする
  • なるべく楽な仕事をする(時間と体力の消費を最小にする)

 

時間と体力を無駄に浪費させられるうえ報酬が低い仕事はやらない方が良い。

そういう仕事をしている人は、いっそ別の効率の良い仕事に変えるべきだ。

消耗させられた挙句、将来の備えもろくにできないとか完全に詰んでいる。

 

副収入を得る

基本、給料収入だけで老後資金作りができるとは思えないので、副収入を得る努力をするべき。

そのために上記で『時間と体力の消費を最小にする』ことを大事だと書いた。この時間と体力を副収入を得るために使うべきだ。いわゆる副業というやつ。

 

個人的には、特に広告収入系の副業をおすすめしている。

例えば、YouTuber、ブロガー、アプリ公開など。

簡単に説明すると、他人が見てくれるコンテンツを作って、そこにそっと広告を配置しておくことで、他人がそのコンテンツを利用するついでに気になる広告をクリックしたり、広告経由で何かを購入したりすると、そのアクションに対して報酬が貰えるという仕組みだ。

私の場合は、個人で作ったアプリやブログで広告収入を得ている。

 

複利で運用する

積み立てているお金は、なるべく安全に資産運用して運用益を得るようにした方が良い。

その際、得られた運用益を元本に合算してさらに運用するとより多くの運用益が得られるようになる。

この仕組みを『複利』という。

この仕組みを活用すると、雪だるま方式で資産が増えるので、資産構築にあたり時間を短縮できたり、積み立て金額を少し減らしたりという調整ができるようになる。

なお、複利について知らない人は「複利 単利 違い」などで調べてみたら良いだろう。

 

可能な限り支出を減らす

お金を貯めるなら稼ぎを増やすのが一番良い方法だが、稼いだお金を湯水のごとく使っていては意味がない。支出を可能な限り減らす努力をすべき。

海外にいても日本から収入を得られる人なら、物価の低い国で暮らすのも節約になる。

 

まとめ

老後資金を見積もる場合、リスクを織り込むべきだ。その前提がなければ老後に備えるということにならない。

例えば、年金に100%期待していると老後に予定が狂って困ることがあるかもしれない。そうなると結構辛いと思うので、初めから貰えないという想定をしつつ準備をしておくのが望ましい。

備えるべき資金額は、どう生きていくかによって変わってくるが、何にせよ大きな金額が必要になるため、お金を稼ぐことと支出を抑えることを効率的にしっかりやっていく必要がある。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました